2010年05月26日

パレスチナ女性:逮捕後のセクシャル・ハラスメントでイスラエルを非難

2010年05月25日

エルサレム - PNN - 東エルサレムのパレスチナ女性は、拷問、過酷な状況下での投獄、逮捕後のセクシャル・ハラスメントでイスラエル当局を非難している。

 弁護士、シリーン・イサウィは、尋問の間、椅子に鎖でつながれ、トイレの使用も食べることも許されなかったと語った。「彼らは、鎖を外さずに、わたしから遠くに食物を置いた」と、彼女は語った。
 ことさら過酷な尋問の一巡りの後、彼女は吐血し、医務室に引きずられ、監視人により床に投げられた、と、イサウィは語った。イサウィはまた、尋問官が、強制追放で彼女を脅迫し、イスラーム信仰をあざけり、頭に覆いしたとも語った。
 別の機会、尋問官がイサウィの近くに座り、彼女の腿に置かれた彼の手を引き離そうとすると、彼女をどなったと語った。獄中での2週間で、8キログラムを失ったとイサウィは語った。

(後略)

全文:Palestine News Network


posted by mizya at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。