2010年05月26日

イスラエル軍がイッサウィヤの町に非常線を張り破壊命令を手渡す

2010年05月25日

被占領エルサレム、(PIC) - 高まる緊張の最中、イスラエル警察隊は、聖なる都市全体にわたってパレスチナ人を狙う、民族浄化キャンペーンの文脈で、昨日、町を襲撃したのに続き、火曜日、被占領エルサレムのイッサウィヤ町への攻囲を強めた。

 パレスチナ人目撃者たちは、巨大な数のイスラエル警察・国境警備が、市議会と所得税務部からの公務員らと共に、月曜日、イッサウィヤ町を強襲したと語った。

(中略)

 地元筋は、イスラエルのエルサレム市計画・建設委員会が、イッサウィヤのパレスチナ市民を代表するBimkom組織により提出された建築青写真を拒絶した後、イスラエルが、町の南東領域の家屋150戸の破壊を計画していると断言した。

(後略)

全文:The Palestinian Information Center

関連記事:「イスラエルがパレスチナ家屋9戸を破壊」The Palestine Telegraph
2010年05月25日火曜日
ナブルス、2010年5月25日 (Pal Telegraph) - イスラエル占領当局は、西岸の都市ナブルスの南、Yetma村の家屋を破壊する意図を、今日、パレスチナ人9人に通知した。

     「イスラエルがベツレヘムの東で15ドナムを掘り起こす」The Palestine Telegraph
2010年05月25日火曜日
西岸、2010年5月25日 (Pal Telegraph) - イスラエルのブルドーザは、ベツレヘム市の西(タイトルでは「東」?)、Nahlen村のパレスチナの土地を掘り返した。
 軍用車両とブルドーザが、15ドナムを掘り返し多くのオリーヴ樹を引き抜いた現場に居合わせた。

     「入植者らがパレスチナ人の泉にテントを設置」Ma'an News Agency
2010年05月24日月曜日
ラマッラ - Ma'an - ラマッラの東、ドゥラ・アル-カラ村の住人は、西岸の違法入植地居住者が、月曜日、村の泉近くにテントを建てたと語った。
 テントは、5メートルx8メートルで、イスラエルの旗を上げることで地元住民を「挑発」し、村人が毎日使用する泉へのアクセスを阻むため、ベイト・エルの入植者らにより建てられたと、住人は語った。

 日々届く、イスラエルの「土地強奪」のニュース。このように毎日あちこちで盗み続けているからには、諸外国からの1国家解決の圧力も強まることだろう。まだ本心でなく、「土地強奪」を押しとどめるつもりだけにせよ、米国政府さえ、1国家解決を口にしたりしてみているのだから。


posted by mizya at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。