2010年05月27日

入植政策は誤りと、ヨーロッパのユダヤ人は語る

Julio Godoy
2010年05月26日

パリ - ヨーロッパに住む著名なユダヤ知識人は、「道徳的にも政策的にも誤っている」として、パレスチナ領土に入植地を穿つことを許すイスラエル政策糾弾を開始した。

 5月3日、ベルギーの首都ブリュッセルで提示された集団宣言で、何百人もの著名なヨーロッパのユダヤ人はまた、イスラエル国家の主要な危険は「占領と、西岸と東エルサレムアラブ地域での継続的入植遂行にある」と語った。

 過去にイスラエル当局への堅固な忠誠を表現した幾人かを含む識者たちは、イスラエルが現在「容認できない逆-正当化過程」に向かっていると警告する。

(後略)

全文:AntiWar.com

 イスラエルの現在は野望について「露骨」だけれど、建国以来「露骨」だった。その「露骨」が今では隠しきれなくなったに過ぎない。


posted by mizya at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。