2010年05月28日

イスラエルが(Free Gaza)活動家へ:費用は持つから帰れ

ガザ支援「自由小艦隊」の参加者800人をアシュドッドで受け入れる当局は、彼らに、国に帰るかベールシェバで拘留されるかを申し出る;人道行為を装った挑発任務と、軍は語る

Hanan Greenberg
2010年05月27日

 イスラエル海軍は、木曜日、およそ800人を乗せ、ガザ回廊に向かうガザ支援小艦隊との予想される対戦の準備をした。イスラエル国防軍情報筋は、テロリストが「自由小艦隊」を使って、ガザに入ろうとするか、あるいは兵器を密輸するかもしれないと懸念すると語った。

2.jpg_wa.jpg (Photo: Avi Rokah)
アシュドッドのコンピュータ化した受付テント


全文:Ynet news.com

関連記事:「ノルウェー政治家が『自由』船隊に支持を表明」The Palestine Telegraph
2010年05月27日木曜日

ガザ、5月27日、 (Pal Telegraph) ノルウェー政治家、Erling folkvordは、Pal Telegraphへの独占的声明で、仮に、船団がイスラエル支配下にない海域で拿捕されたなら、平和活動家たちは、イスラエルをヨーロッパの裁判所に告発する完全な権利を有し、同様に、平和活動家たちの務めがそもそも純然たる人道にある事実、そして何よりも、イスラエルが彼らと受け入れ可能な手法を協議し、ことさら彼らの運ぶ支援物資が国際的人道組織からもたらされた時、彼らを通さなければならない、と語る。

 和平交渉などはだらだら引き延ばすイスラエルも「弾圧」の準備だけは素早い。

アーカイヴ:Free Gaza:わたしたちはイスラエルの止める企てに抵抗する(05月27日)


posted by mizya at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。