2010年05月29日

ガザの法的地位は何か?

パレスチナ解放機構(PLO)の元法律顧問、カナダ-パレスチナ弁護士、Diana Buttuは、イスラエルが占領を入植と「混同している」と語った

アッバス・アル-ラワティ
2010年05月26日

アンタルヤ:イスラエルは、2005年9月、ガザ回廊からその軍と入植地を撤退したが、それは、小さな回廊領域の占領が終わったと国際社会を納得させるに至っていない。イスラエルは、必要ないかなる手段を用いても小艦隊を止めると誓ったが、どんな法的口実の下でそうすることを目指すのかは不明だ。

 イスラエルの旗、戦車、入植者らは、回廊での彼らの恒久的存在を終わらせたが、イスラエルは、ガザの境界、領空、領海を支配し続けている。国際連合と国際社会は、西岸と被占領アラブ東エルサレムと共に、回廊がイスラエルにより占領されているとみなし続けている。ならばイスラエルはなぜ、ガザ占領は終わったと主張するのだろう?

 パレスチナ解放機構(PLO)の元法律顧問、カナダ-パレスチナ弁護士、Diana Buttuは、イスラエルが占領を入植と「混同している」と語った。 その軍と入植地がそこに存在する形でのガザの入植は、2005年に終わったが、占領は続いていると、彼女は語った。

「(ガザ)撤退後、イスラエル政府は、ガザがまだ占領されているかどうか、判断を仰ぐため最高裁判所に行った。裁判所は、ガザはもはや占領されていないと決定した」と、彼女は語った。

 それどころか、住民登録と身分証明書発行を含む、ガザの生活のあらゆる局面を支配することで、イスラエルのガザ占領は激化したと、彼女は語った。イスラエルはしかしながら、自由小艦隊を阻むいかなる企ての法的正当化でも、ジレンマに直面していると予想される。 ガザが真実、解放された領土であれば、その領海でのいかなるイスラエルの行動も、他の独立体水域で行われたと看做されるだろう。

 イスラエルにはしかしながら、抜け穴がある。ガザを「敵対独立体」と指定し、それから自身を護る権利を留保してきた。Buttuは、それがイスラエル「自身を罠にはめる」ところと語った。

(中略)

 Buttuはしかしながら、それら保安境界は、オスロで明確に定義されたが、イスラエルにより違反されたと主張した。 イスラエルは、定義された境界より進めてその活動を拡大してきたばかりでなく、また「ガザに属す」ガザ海岸線域で、天然ガスを取り出してきたと彼女は語った。

「オスロの下の警告は、2001年、イスラエルがオスロは死んだと宣言した... だからそれはもはや実際の論点ではない。彼らは、オスロの安全見解を維持したいが、同時に(西岸で)入植地建設を続けるつもりだと、言うことはできない」と、彼女は語った。

全文:gulfnews.com

アーカイヴ:イスラエルのガザ天然資源レイプ
その1:戦闘は実のところ何のためだったか
(2009年09月10日)


posted by mizya at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。