2010年05月30日

イスラエル人とパレスチナ人が疑惑と恐怖の中で再びルート443を共有

裁判所は、新軍検問所の連なりで嫌気を催す西岸を通って切り取る高速道路使用の権利を、すべてに与えると裁可する

Harriet Sherwood、ベイト・シラ
guardian.co.uk
2010年05月27日木曜日

Bassam-Kassab-on-route-44-006.jpg
バッサム・カッサブは、世界が「このアパルトヘイト制度」に憤慨すべきと語る。Photograph: Harriet Sherwood for the Guardian

 午後の熱気が、被占領西岸を通って疾走する4車線高速道路の路面に揺らめくとき、45歳の養鶏農家、ハニ・アブラバは、斜面を下り、道路を横切って遮断を形成する大きなコンクリートブロックの列に向かって歩く。
 彼は、彼に1時間半費やさせる旅、ベイト・シラ村への帰途にある。「わたしは、村に入るために地球を一周しなければならない」と、彼は苦笑する。

 いつもそうというわけではない。彼がたった今離れた道路、ルート443は、この8年というもの、パレスチナ人の交通を禁止してきた - この闘争の2つの側の分離の象徴。 2002年以前、パレスチナ人は、西岸の近くの町や村に行くためこれを自由に使った。それ以来(2002年以後)彼らは、しばしば旅の所用時間を4倍にする、遠回りで整備不全の裏通りの使用を強いられてきた。

(後略)

全文:guardian.co.uk

関連記事:「イスラエルは高速道路443号をラマッラまでパレスチナ人に許す - しかし出口を塞ぐ」The Christian Science Monitor

画期的判決の後、イスラエル軍は、今日8年ぶりに、443号へのアクセスをパレスチナ人に許した。 しかし彼らは、まだラマッラとエルサレムに行くための道路使用を妨げている - 判決の「茶番」と、ある活動家は語った。

Joshua Mitnick、通信員
2010年05月28日

 8年ぶりに、イスラエルは今日、パレスチナ人に近隣アラブ村5つを通り過ぎる4車線高速道路を運転することを許した。
(中略)

0528-O443-map-VERT_full_238.jpg

活動家:軍政策は画期的判決を「茶番」にする
 人権活動家たちは、軍がそもそも、主としてアラブ住民の福利となると主張することにより、高速道路のためのパレスチナの土地没収を正当化したことに注意を向ける。
(後略)

     「443号制限に挑戦するパレスチナ人車列」Ma'an News Agency
2010年05月27日木曜日


posted by mizya at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。