2010年06月02日

イラク人何千人もがガザ支援船の死に抗議行動

2010年05月31日

ロイター
* サドル信奉者数千人が殺害に抗議行動
* 国際社会に明確な態度を打ち出すように求める

バグダッド、5月31日 (ロイター) - 反米聖職者の信奉者何千人もが、ガザに向かう支援小艦隊へのイスラエルの襲撃での、親-パレスチナ活動家の死に抗議するため、月曜日、バグダッドの街頭に繰り出した。

 デモンストレータは、イラクとパレスチナの旗を振り、彼らの指導者、ムクタダ・サドル師の写真を掲げ、イスラエルとその同盟国、合衆国への反対を繰り返した。

「わたしたちは、国際社会が、パレスチナ同胞に対して起こっていることに対する責任を取るよう求める」と、サドルは、彼の代理のひとり、シェイフ・アブデル・ハディ・アル-ムハマダウィにより読み上げられた声明で語った。

(後略)

全文:Reuters AlertNet

「反米聖職者」というのはかなり恣意的ことば選びだ。多くの同胞が殺戮され、博物館から宝物が奪われ、唯一ともいえる石油資源のすべてが奪われて、なおかつ「親米」でいろとでも?


posted by mizya at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。