2010年06月04日

イスラエル宣伝番組の放映中止を関西テレビに要請して下さい!

以下、転送・転載歓迎です。
------------
イスラエル宣伝番組の放映中止を関西テレビに要請して下さい!
http://palestine-forum.org/doc/2010/0604-kantele.html

イスラエル大使館発行のメールマガジンによると、今週末6月5日(土)の朝8:30からフジテレビ系列で放送される『にじいろジーン』という番組内の「地球まるごと見聞録」のコーナーが、イスラエル特集となるようです。

「ヤッフォのDr.シャクシューカ、カルメル市場のスイカ、ファッション、死海スパ、砂漠のツアーなどなど、イスラエルの魅力を色々と盛りだくさんで取材してきたそうなので楽しみです」ということです。

一見、占領とは無関係のような「イスラエル文化・観光」の政策的宣伝は、アパルトヘイト国家イスラエルの正当性を維持するための重要な「情報戦争」だと言えます。

アパルトヘイト政策・占領政策に加担する番組の放送を中止するよう、至急、関西テレビに要請してください。関西テレビに問い合わせたところ、生放送なので技術的には内容差し替えは可能とのことです。


番組公式サイト http://www.ktv.co.jp/niji/
関西テレビご意見・お問い合わせ http://www.ktv.co.jp/goiken/

関西テレビ 問い合わせ窓口
電話番号:
06-6314-8080(視聴者情報部)
受付時間:
月曜〜金曜 10:00-19:00
土曜 9:00-18:00
日曜 10:00-18:00

------------抗議文例文----------------

関西テレビ放送株式会社
代表取締役社長 福井澄郎 様

イスラエルがガザ沖で深刻な犯罪行為を犯してから一週間と経たない今週末の6月5日に貴社の『にじいろジーン』という番組で、イスラエルが取り上げられると聞きました。

番組で取り上げられるというヤーファー(ヘブライ語読みでヤッフォ)やネゲヴ砂漠では、62年前、大規模なパレスチナ人追放が行われただけでなく、現在も、追放を免れたパレスチナ人住民に対して差別・民族浄化が続いています。
http://palestine-heiwa.org/note2/201002081444.htm
http://0000000000.net/p-navi/info/news/200602100231.htm

また、死海西岸の3分の2はパレスチナ西岸地区に位置しているにも関わらず、パレスチナ人のアクセス・資源利用は禁止され、AHAVA等のイスラエル企業・入植地企業によるコスメ商品や死海スパといったかたちでの独占的な資源収奪が進められています。

イスラエルによるパレスチナ人に対するあらゆる不法な抑圧・占領・虐殺行為が停止するまで、そのような犯罪国家の側面を隠蔽したイスラエル・イメージを流布する番組を放送することは、今も続くパレスチナ人に対する民族浄化に加担することになります。

貴社が国際的人権・人道の立場を尊重し、ただちに6月5日放送予定の内容を差し替えられることを要請します。


posted by mizya at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | action | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。