2010年06月09日

マレーシア首相が「ギャング」とイスラエルを非難

2010年06月07日月曜日

クアラルンプール (AFP) - マレーシア首相は、月曜日、「世界ギャング」とイスラエルを非難し、ガザ支援小艦隊への致命的攻撃で国際刑事裁判所に直面すべきと語った。

「マレーシアは、国連安全保障理事会に、イスラエルの攻撃的行為に取り組み、そのような凶悪な犯罪を犯したものは国際刑事裁判所(ICC)の前にもたらされるようよう促す」と、ナジーブ・ラザク首相は議会に語った。

 9人の死者を出したトルコ船への先週の襲撃を非難する動議で、彼はまた、合衆国に、イスラエルに責任ある振る舞いをさせるよう要請した。

(略)

全文:Yahoo! news

 合衆国にはイスラエルの監督責任がある。巨額と膨大な武器供与が殺戮に、時には米国人の殺戮に使われているのだから。マレーシアのような小国の首相にも、哀しいかな、ニッポンの首相は及ばない。政治力の伴わない経済力というのは何だろう。いや、政治力が伴わなかったから経済が失速したのだ。マハティールはマレーシアを大きく変えたのだといまさらながら思う。


posted by mizya at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。