2010年06月14日

Bağış:NATO船隊はガザの封鎖を終わらせ得る

2010年06月13日

 トルコのEU交渉チーフ、Egemen Bağışは、5月31日のガザへの支援小艦隊へのイスラエル特攻隊による襲撃でトルコ人9人の死亡の後、ガザ回廊へのイスラエルの封鎖を終わらせるためNATO船隊を送るよう提案した。

 彼は、昨日ブリュッセルで、封鎖を実施するイスラエル船への攻撃を支持しないが、イスラエルが、回廊への支援を排除し続けることは許されるべきでないと語った。

「NATOが、出入港禁止を終了させるため船隊を送るべきとわたしは思う」と、ブリュッセルへの訪問で、NATOのメンバーであるがEUのメンバーでない国のBağışは、ロイターにより引用されたごとく、語った。

全文:Todays Zaman

関連記事:闘いを手放すな:偽善がはびこるCounterPunch
週末版:2010年6月11-13日
WILLIAM BLUM

事は、国際的に、夢想するほかするべき事を残さないほど、あまりにも落胆させる。NATOのメンバーとして、イスラエルに攻撃された後、同盟が防衛に来るよう要請するトルコを、わたしは描写する。 メンバー1国に対する武力攻撃は、NATO憲章、第5条の下、メンバー国すべてへの武力攻撃を構成すると考えられる。 それが、NATOがアフガニスタンで戦っている表向きの理由で - 2001年9月11日の合衆国に対する攻撃は、(アフガニスタンが国として攻撃と関係ないという都合の悪い事実を無視して)NATOメンバーすべてに対する攻撃とみなされる。トルコ人道組織により実施され、トルコ旗を掲げた船への、トルコ市民9人を殺し多くを負傷させたイスラエルの攻撃は、NATOメンバーに対する攻撃を確かに構成する。

そして、合衆国の後に、イギリス、ドイツ、フランス、および他の主要NATOメンバーは、彼らの馬鹿げた不合理な弁解、我々は... う〜... あ〜... 第5条を発動できないと申し出、そして、イスラエルが、少なくとも、地中海会談のメンバーとしてNATOとの公式連携を失うべきとするトルコの要請を、国際メディアが未消化のまますべてを飲み込む。(略)


posted by mizya at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。