2010年06月19日

国際立法者がイスラエルのアラブ議員非難の決定を調査する可能性

2010年06月16日

列国議会同盟が、ガザ小艦隊参加で、バラド議員、ハニーン・ズアビの特権剥奪勧告を議論するため準備される。
Jonathan Lis

 列国議会同盟は、水曜日、クネセト議長ルーベン・リブリンに、5月のガザ小艦隊航行のため、アラブ系イスラエル議員の特権を無効にする最近の勧告に関する明確化を求めた。

 クネセト下院委員会は、今月初旬、バラド議員、ハニーン・ズアビの特権無効を勧告した。決定は、メレツのイラン・ギロン議員の反対、7対1の大多数で通過した。

 ジュネーヴ拠点のIPU(列国議会同盟)は、議会メンバーの権利保護を目指し、クネセトを含む何十ものヨーロッパ立法機関を代理する。

 列国議会同盟は、ズアビが受けた殺人予告と彼女の政治的非難に懸念を示し、リブリンに、来たる数週間のうち開催されるだろう議論に向け、ズアビの件について主張を提出するよう要求した。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:クネセト委員会がアラブ国会議員特権取り消しを勧告(06月10日)


posted by mizya at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。