2010年06月25日

パレスチナの最後のクーフィーエ工場

Palestine Monitor
2010年06月24日

古代メソポタミアに遡るクーフィーエは、自然の風雨から、顔、頭、首などを保護するのに使用した、アラブの男たちの中で好まれた。パレスチナや他のアラブ諸国で、今日まだ使用されている伝統的なパターンは、漁網と耳には木目を象っていた。1930年代のアラブ暴動で、クーフィーエは、パレスチナ愛国心の象徴となり、そして1980年代に、ヤセル・アラファートは、クーフィーエを、グローバルに認識されたパレスチナ闘争の象徴とした。今日、中国からのクーフィーエのより安価な輸入品は、既に苦しむ産業を脅かす。 Rebecca Fudalaは、パレスチナの最後のクーフィーエ工場をかいま見る。

写真はすべてRebecca Fudalaによる

RFKloom-24082.jpg

RFKsadkef-23ea6.jpg

全文と画像10点:Palestine Monior


posted by mizya at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。