2010年06月26日

PLOが帰化を拒絶:権利は交渉に載せない

2010年06月23日 

 レバノンのパレスチナ解放機構代表、アブドラ・アブドラは、パレスチナ難民に市民権を与える目的の政府の努力を歓迎した。

「レバノンのパレスチナ人に市民権を与えるという提案の背後には励まされる要素がある」とアブドラは、レバノン日刊紙、An-Naharに語った。「これはレバノン人が、パレスチナ人は帰化を拒絶すると確信している事実に由来する」と、彼は説明した。

 アブドラは、レバノン人・パレスチナ人どちらもが、パレスチナ人の帰化に反対で、どちらも帰還権を支持していると強調した。

 彼は、住宅価格引き上げを招きかねない問題、ほぼ40万人のパレスチナ人がレバノンにアパートを買おうとすると述べる報道のいくつかを「非現実的」として酷評した。

原文:Al-ManarTV

 職業にありつけないのだから、レバノンで、パレスチナ難民がアパートを買うのは「非現実的」とわたしも思う。しかしながら、難民キャンプに押し込められての生活は「非人間的」。職業の自由、難民キャンプをでて住まいを確保する権利は認められるべき。


posted by mizya at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。