2010年06月26日

議会がパレスチナ人への基本的権利授与を議論

法草案は、難民の窮状を改善するもので市民権授与ではない
Elias Sakr
Daily Star staff
2010年06月24日木曜日

ベイルート:レバノン議員は、水曜日、それら権利と彼らの天性の範囲に関する国内的議論が巻き起こる最中、パレスチナ難民に市民権を授与する第2の法草案を提出した。

どちらの提案も、レバノン国籍の権利を例外として、レバノン人・パレスチナ難民の間の権利における平等を保証する、労働、社会保障、外国財産所有法の改善を求めた。

(略)

全文:The Daily Star

 レバノンは変化の兆し、見守りたい。


posted by mizya at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。