2010年06月26日

イラン活動家たちが「イスラエルの脅迫故」ガザ支援小艦隊をキャンセル

2010年06月24日

エジプトが、スエズ運河で船を妨げるよう求めたイスラエルの要求を拒絶した後、別々のイラン船は、カスピ海を通ってガザに向かう。
Haaretz

 領域でのイスラエルの海上封鎖を破る取り組みでガザに向かうと言われていた、イラン支援小艦隊の主催者のひとりは、木曜日、イヴェントは「イスラエルの脅迫」故、キャンセルされたと発表した。

938153736.jpg
Bandar-Abbasからガザに向かうイラン船

全文:Haaretz.com

関連記事:「報告:イラン船はトルコから出発するかもしれない」Ma'an News Agency

2010年06月25日

ベツレヘム - Ma'an/Agencies - 名を伏せた主催者(のことば)を引用して、イスラエルメディアは、金曜日、イランがガザでの継続的攻囲を破る取り組みでのガザへの船を送らないだろうと報じた。

 脅迫が奏功したとイスラエルは喜ぶかもしれない。しかし、イラン船がガザへの到達をあきらめた訳ではなく、スエズ運河を通ることはなくなっただけだ。スエズ運河を逆に辿る、米国・イスラエル大艦隊とアデン湾あたりですれ違うより、ルートを変えることは賢明な選択だ。「無理が通れば道理引っ込む」の喩えもある。

アーカイヴ:報告:米国・イスラエルの軍艦が紅海に向けスエズ運河を渡る(06月20日)
posted by mizya at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック