2010年07月07日

是でも非でも:西岸へのイスラエル入植政策

2010年7月
包括的報告

 イスラエル人ほぼ50万人が、現在、グリーン・ライン(1948年停戦ライン)を越えて:30万人以上が、西岸地域の土地、42パーセントを支配する、121の入植地とほぼ100の(入植地)前哨基地に、そして残りは、エルサレム自治体に併合した土地とイスラエルが制定した12地区に、住んでいる。報告は、イスラエルが、入植地建設のため土地支配を獲得するのに使われる手段を分析する。 報告作成にあたり、B'Tselemは、(入植地)前哨基地に関する弁護士、Talia Sassonの報告、Baruch Spiegel准将により作られたデータベース、国家監査官の報告、民事行政の地図といった、公式の国家資料や記録に依存した。
(略)

全文とヴィデオ『是でも非でも』(英語字幕):B'TSELEM


posted by mizya at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック