2010年07月07日

パレスチナ議員たちへの脅威

Guardian
2010年07月06日火曜日

 元エルサレム業務大臣、ハーリド・アブ・アラファに加えて、モハメッド・アブ・ティル、アフメド・オスマン、モハメド・トゥタが、イスラエル当局により、被占領東エルサレムの彼らの家を離れるよう、追い立て通知を発行された。6月30日、イスラエルは追放に備え、アブ・ティルを拘留し、一方、オスマン、トゥタ、アブ・アラファは、エルサレムの赤十字国際委員会オフィスを避難所とした。占領勢力、イスラエルは、パレスチナ議会への参加がイスラエルへの非-忠誠を証明するので、これらパレスチナ議会議員たちは、通知を受けていると主張する。議員たちは、パレスチナ議会を辞職する場合にのみ、残る(ことができる)かもしれないと通知された。

 パレスチナ立法議会代表に選出された彼らが、代表に選出された地域から移動されるべきでないことは、疑いない。わたしたちは、英政府に、これらの議員たちが彼らの家に住む権利を支持するよう、そして、「その真意にかかわらず」占領勢力により保護されるべき民族の追放を禁止する第四次ジュネーヴ条約の原則を維持するよう要請する。この条約のいかなる不履行も、戦争犯罪を構成し、そして、そうしたイスラエルの政治的・軍事的指導者層は、責任を負わせられるべきである。

Caroline Lucas MP (Green)
John McHugo Chair, Liberal Democrat Friends of Palestine
Betty Hunter General secretary, Palestine Solidarity Campaign
Ismail Patel Chair, Friends of Al-Aqsa
Richard Burden MP and Martin Linton Labour Friends of Palestine

原文:guardian.co.uk


posted by mizya at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。