2010年07月08日

ハリウッドスターたちが映画祭に肘鉄砲

RUTH EGLASH
2010年07月07日

メグ・ライアンは「マヴィ・マルマラ」後、エルサレム映画祭を肘鉄砲

 メグ・ライアンなどのハリウッド俳優は、5月31日、ガザ封鎖を破る試みのトルコ主導の小艦隊に対するイスラエルの攻撃への国際的抗議に続き、来たる木曜日から開催される、今年の例年エルサレム映画祭出席から手を引いたと、エルサレムポストは月曜日に知った。

 シネマティーク準ディレクター、Yigal Molad Hayoによると、映画祭への出席キャンセルの直接の理由として、政治的情勢を与えなかった一方、「これが理由であるのはかなり明確になった」と彼は語った。
「メグ・ライアンはここに来ると思われていたが、それは彼女の一団共すべて閉じられた」と、Molad Hayoは語り、「小艦隊事件の1日後、わたしたちは、彼女は出席するつもりはないという、というのもあまりにも忙しいのでと主張するemailを受け取ったが、わたしにとって、それには十中八九、起こったことと関係する何かということは明白だった」と付け加えた。

『Sleepless in Seattle』、『When Harry Met Sally』、最近では『Kate and Leopold』といった映画に主演したライアンに加え、Molad Hayoは、シネマティークはまた、ユダヤ人俳優、ダスティン・ホフマンとの「進んだ交渉」に達していたと語った。
「わたしたちは、彼との合意に達する非常に近くにあったが、次に、小艦隊が起こり、そして、通信は終わった」と、Molad Hayoは語った。

 ダスティン・ホフマンの広報担当は、ハリウッド俳優と映画祭のいかなる接触も否定した。彼女は、顧客(ホフマン)が、イヴェントへの出席を計画したことは決してなかったと明確に語った。

(略)

全文:The Jerusalem Post

 思い出すのは「エルサレム文学賞」を受賞するため、エルサレムに出向いたニッポンの作家。ニッポンの作家には、ハリウッドの俳優たちほどの「政治的センス」も備わっていなかった。その作家の本を購入するために夜中に列を作る人たちの気が知れない。


posted by mizya at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。