2010年07月14日

ゴランのシリア人がイスラエル兵士3名を捕獲:TV

English.news.cn
2010年07月12日

ダマスカス、7月11日 (新華社) -- イスラエルにより占領されたゴラン高原のシリア市民が、領域でのイスラエル軍による警備任務で、イスラエル兵3名を捕らえたと、アルジャジーラニュースチャンネルは報じた。

 シリアTVは、地元住民が、2軒のうちの1軒の中で彼らを捕まえた時、イスラエル兵士らは、マジダル・シャムス村のシリア人2家族の家屋を襲撃する任務にあったと語り、報道を確認した。

 ゴラン高原は、レバノン山脈南端の戦略的高原・山岳地帯だ。その領域の2/3が、1967年の六日戦争以来、イスラエル支配下にあった。
 1982年、イスラエル政府は、ゴラン高原のシリア住民をイスラエル市民とする決定をした。ゴラン住民は、ゼネストを展開し、身分証明書を燃やし、イスラエル商品をボイコットして応じた。6カ月後、イスラエルは、決定撤回を余儀なくされ、彼らのシリア市民権は残された。

原文:English.news.cn

 強盗に押し入ったら捕らえられてしまった?


posted by mizya at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。