2010年07月15日

レバノン人がパレスチナ難民の権利に関する一致に近づく

Elias Sakr and Agence France Presse (AFP)
Daily Star staff
2010年07月13日火曜日

ベイルート:パレスチナ難民に与えられるべき権利の範囲に関するレバノン国内の議論は、クリスチャン党派が、国の主要な政治集団と、問題に関し妥協したので、財産所有を除く社会的、職業的権利のくくりで解決したように見える。

 3月14日同盟により設定された提案に基づき、レバノン国家は、レバノンの法律に沿って、難民にパスポートへの権利同様就職への権利を許す、手数料免除で職業と居住の許可証を難民に提供することになっている。
 しかしながら、自由な職業へのパレスチナ難民の権利は、まだ様々な職種の個別立法により管理されたまま残っている。
(略)

全文:The Daily Star

関連記事:「招かれざる客:レバノンのパレスチナ難民」al-shabaka
al-shabaka政策要約
2010年07月05日
Dalal Yassine

 60年間以上、レバノンのパレスチナ難民は、基本的権利を否定されてきた。Al-Shabaka政策顧問、 Dalal Yassineが、レバノンのパレスチナ難民の法的地位と「働く権利」キャンペーンを考察する。 彼女は、パレスチナ・レバノン市民社会組織とパレスチナ・ディアスポラへの連帯集団の間でのより大きな共同作業が、国の法律を変えるために必要と論じる。


posted by mizya at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。