2010年07月16日

小艦隊ジャーナリストがイスラエルを告訴

2010年07月14日水曜日

 ジャーナリスト集団は、5月にガザ回廊に向かった支援船小艦隊への致命的襲撃で、イスラエルを告訴する計画と発表した。

 水曜日、イスタンブールで会った幾人かのジャーナリストによると、弁護団は既に、いくつかの欧州諸国で訴訟を準備し始めた。集団は、国際法違反でイスラエルを非難した。
 主要船、マヴィ・マルマラ号で殺された9人のひとりは、Cevdet Kulclar、トルコ人ジャーナリストだった。

 船上にいた記者たちは、イスラエル政府が、彼らの器材やパスポートを返却しておらず、イスラエル兵士らが後に彼らのクレジットカードを使用したと語る。
(略)

 彼らの会談後に発表された声明で、ジャーナリストたちは、彼らの損失に対する賠償、器材の返却、小艦隊に乗船していた記者たちに対するイスラエルの扱いに関する国際的審理を要求すると語った。
 30人以上のジャーナリスト集団は、トルコ、スペイン、ドイツ、レバノン、エジプト、イギリス、合衆国の記者を含む。
 乗船していたジャーナリストの幾人かはアルジャジーラからである。

全文:AlJazeera.net


posted by mizya at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。