2010年07月16日

ヒズボッラがフランス安全保障協定本文の変更要請

The Daily Star
2010年07月15日木曜日

ベイルート:ヒズボッラは、「テロリズム」のことばの定義に関し、フランスとレバノン間の安全保障協定の修正を要求していると、水曜日、政党高官は語った。

「わたしたちは、レバノンとアラブの法律によるか、あるいはもっぱらテロリズム対策を扱う条項の脱落か、明確に「テロリズム」を定義する本文を望む」と、ヒズボッラの国会議員、Hassan Fadlallahは、AFPに語った。
「フランスのテロリズムの定義はパレスチナ抵抗運動を含んでおり、それはアラブ連盟の定義に沿ったレバノンの法律と衝突する」と彼は付け加えた。
「この問題の解決なしに、協定は議会で通過しないだろう」。

 アラブ連盟22ヵ国は、パレスチナのハマースやレバノンのヒズボッラといった「外国による占領に対する武装闘争」をテロ活動と看做していない。

(略)

全文:The Daily Star

 旧宗主国にものが言えて初めて独立国家。ニッポンが独立する日は来るのだろうか。
 参院選の結果には唖然とする。ことさら沖縄で、何故自民党議員が当選するのか「皆目」理解に苦しむ。沖縄の現状は、50年間、ひたすら「宗主国」に従ってきた自民党政策の結果ではなかったのか。パレスチナ系イスラエル人が、極右、リクードか「我が家イスラエル」の議員を当選させたのを見せられた気分、いや、よもや、そのようなことはないと思うけれど...


posted by mizya at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。