2010年07月18日

パレスチナ人は間もなく「ユダヤ」国家への忠誠を誓わなければならないかも

2010年07月16日

内閣は、日曜日、パレスチナ人に、イスラエルでの永住権や市民権の取得を困難にする措置を承認すると目されている。
Dana Weiler-Polak and Jonathan Lis

 内閣は、日曜日、パレスチナ人に、イスラエルでの永住権や市民権の取得を困難にする、一連の措置を承認すると目されている。最も注目すべきは、イスラエル市民権を与える前に、パレスチナ人に「ユダヤ・民主国家」への忠誠の宣言を必要とすることだろう。

 措置は主として、イスラエル市民(パレスチナ人)と結婚し、家族再統合に基づき(一緒に暮らすために)、市民権を求めるパレスチナ男女に影響するだろう。

 イスラエルのアラブ・マイノリティ権利法律センター - Adalahは、昨日、忠誠宣言に提案された言葉遣いに抗議した。声明文で集団は、「ユダヤ・民主国家への忠誠と国家の法律尊重の宣言に関するイスラエルに入る条件は、非常に危機をはらんでいるように見える、というのも、すべての非ユダヤ人に、シオニズムに共鳴することを要求し、ユダヤ教とシオニズムの原理への政治的イデオロギーと忠誠を課す」と集団は述べた。

(略)

全文:Haaretz.com

 シオニズムに共鳴するとはつまり、パレスチナ人から土地を奪うことに共鳴しろと要求すること、パレスチナ人に。


posted by mizya at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。