2010年07月19日

FPAがジャーナリストに対する武力行使を非難

2010年07月18日

ベツレヘム - Ma'an - イスラエルとパレスチナ領域のForeign Press Association(FPA/外国報道協会)は、土曜日、西岸でのジャーナリストの扱いで、イスラエル軍による「最近の政策転換」と呼んだものを糾弾した。

 イスラエル、西岸、ガザで仕事する外国特派員とジャーナリストを代理する協会は、西岸でデモンストレーションを取材するジャーナリストへのハラスメントが増えていることに「強く抗議する」と語る。

(略)

全文:Ma'an News Agency

先行記事:「AP・DPA・ロイターのジャーナリストたちがイスラエル軍により標的」Ma'an News Agency
2010年07月17日

ヘブロン - Ma'an - ベイト・ウマルで、近くのイスラエル入植地による継続する土地没収に対する抗議行動で、イスラエル軍は、土曜日、直接ふたりのジャーナリストに向け、彼らの顔と背中に命中した、音響手榴弾を発射した。

 3人目の報道カメラマンは、武装イスラエル隊員により、肉体的に暴行を受け、治療のため、赤三日月社の救命士に病院に運ばれた。
(略)


posted by mizya at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック