2010年07月21日

ICAHD:米国は平和をもたらすことができないかつもりがない

2010年07月16日金曜日

ベツレヘム - Ma'an - イスラエル政府は、パレスチナ家屋破壊政策に「復讐とともに戻った」と、イスラエル家屋破壊反対委員会は、水曜日、語った。

 東エルサレムでの火曜日の6家屋の破壊、水曜日の西岸でのパレスチナ給水所の破壊、東エルサレムのシルワン地区の22家屋破壊の市の承認を詳述して、ICHADは、現在の破壊の波は、イスラエル首相、ネタニアフの最近のワシントン訪問に照らしてのみ、説明が可能だと語った。

 声明で、イスラエル組織は「民族浄化の別の一面」と呼んだものにふたつの説明を提供した。

 ICHADは、イスラエルが、米国から「破壊にやかましく反対しない」という保証を受け取ったか、あるいは、3月のオバマの動きへの批判にも拘らず、米国議会がイスラエルの入植地拡大を圧倒的に支持し、ネタニアフは、米国大統領、バラク・オバマに対する勝利を享受して、彼の侵略主義に戻るのは自由と感じたと示唆した。

 人権団体は、米国が、地域に和平を促進する「つもりもなければ、できない」ことが明白になっていると語り、公平な解決の圧力をかける「アメリカの周りで働く」世界的運動を結集する新たな戦略を求め、「2万4000戸の破壊後(そして、数えている)、ほかを見るべき時だ」と付け加えた。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。