2010年07月21日

オリンピア・フード生協が棚からイスラエル商品を取り除く;ボイコットを設定する米国最初の店舗

ADMIN
2010年07月19日

速報

オリンピア、WA - オリンピア・フード生協理事会は、ワシントン州、オリンピアの2ヵ所で、イスラエル商品のボイコットを決定した。 生協メンバーが詰めかけた7月15日の会議で、理事会はこの総意に達した。生協は、その人権弾圧故、イスラエルへの不買・脱資・制裁(BDS)の国際草の根運動に公然と加わった米国最初の食料品店となる。

 生協理事会メンバー、ロブ・リチャーズは「わたしの望みは、ボイコットを採用する米国で初となることで、わたしたちが、他の生協が加わるための触媒として行動することだ。加わる付加的組織実体それぞれは、大きな状勢に非常に小さな影響しかないかもしれないが、一滴、一滴がおけを満たす」と、説明した。

(略)

全文:Olympia BDS
posted by mizya at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック