2010年07月23日

元EU長官はガザ攻囲を不道徳で効力なしと語る

2010年07月19日

ベツレヘム - Ma'an/Agencies - 現在ガザを訪問している元EU長官、Chris Pattenは、月曜日、EUが米国から独立して行動を取らなければならないと語り、回廊へのイスラエルによる「旧式な攻囲」非難した。

「ヨーロッパの態度の怠慢は、アメリカがするつもりのこと、そして、アメリカがわたしたちの手をねじるようなことをしないかどう見極めようと待っていることであるべきでない」と、Pattenは、イギリス日刊誌、ガーディアンとのインタヴュで語った。
 元EU長官は、米国、国連、EU、ロシアから成る中東カルテットの、アラブ連盟長官、Amr Moussaの叙述「三つがないカルテット」(フランス語とすれば... 多分- mizya)に同意すると語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 カルテットも中東特使、ブレアも役立たない。100%イスラエルの味方と言ってはばからないブレアが、特使として妥当な筈がない。失職して気の毒に思うのは勝手だけれど...


posted by mizya at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。