2010年07月24日

報告:ドイツがイスラエルの最新潜水艦資金提供再考

2010年07月21日
アメリカの週刊「防衛ニュース」は、取引の崩壊が、イスラエル海軍にその古くなった艦隊と潜水艦の刷新で、大きな困難を与えると述べた。
Amos Harel

 アメリカの週刊「防衛ニュース」は、火曜日、ドイツが、過去に計画への資金援助に意欲を表明したものの、イスラエル海軍の6艇目の潜水艦資金提供を再考してきたと、報じた。

 刊行物は、期待にも拘らず、ドイツは、イスラエルの6艇目のドルフィン級潜水艦とドイツ製軍艦2艇を含む、16億ドル処理のおよそ1/3の資金を提供しないと、ドイツがイスラエルに語ったと伝える。

250460912.jpg
ドルフィン潜水艦
Photo by: Tomer Appelbaum

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:抗議デモ:ドイツ政府がただでイスラエルに軍艦を(2009年11月25日)

 アーカイヴの記事を読んだときは気前がよすぎるのではないかと思った。ナチス・ドイツの残虐の反省は、イスラエルの残虐を許すことではない筈だから。
 外国軍に費やすほど国庫は豊かでない。それはこの国も同じ、5兆円の「思いやり予算」は不平等条約の結果。殆ど「ただ」で軍隊を養えるのだから、アメリカ軍はニッポンを占領したまま出て行こうとしない。


posted by mizya at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。