2010年07月28日

ユダヤ人入植者への給付に関する論争

Tobias Buck、エルサレム
2010年07月21日

 イスラエル人権団体による報告によると、イスラエル政府は、占領地のユダヤ人入植者らに与えられる給付と奨励金を削減する公約を実施できないできた。

 B'Tselemによる調査は、給付の殆どが、占領西岸の入植地すべてを「国家的優先領域」と分類する、長年の政策の結果と述べる。これは、彼らの住民に、抵当、より安価な土地に助成され、そして、学校、文化団体、地方自治体のためのよりよい資金提供の権利を与える。

 何年ものキャンペーンに直面した後、イスラエル政府は、去年12月、国家的優先領域リストを見直し、いくつかの入植地を除くことに同意した。
 しかしながら決定は、すべての関係省庁が現在入手可能な給付のリストを作成した後にのみ、実施されるだろう。報告によると、彼らはこのための締め切りを設けておらず、そして、今までのところ、いかなる部署も必要情報を提出していない。

「同じ奨励金と給付のすべてが、まだ決まった場所にある」と、B'Tselemの管理部責任者、ジェシカ・モンテルは、水曜日に語った。
(略)

全文:FT.com


posted by mizya at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック