2010年07月30日

パレスチナの村とほぼ3万ドルの支援がイスラエル軍により破壊された

キャサリン・ウェイベル
Oxfam
2010年07月27日
プレスリリース

エルサレム、2010年7月27日 (OXFAM) - 7月19日、何年もの嫌がらせの後、家族たちに更なる窮乏を強制する、イスラエル軍による、西岸のアル-ファリシヤ村の79の構造物破壊に対し、Oxfamは、今日、イスラエル政府に、パレスチナ村民に賠償するよう要求した。破壊された構造物は、家屋、厩舎、物入れ棚、水槽、2トンの家畜飼料、肥料、小麦を含む。

 地域に加えられた破壊の損害について、アル-ファリシヤで働く他の促進NGOと共にOxfamにより行われた初期評価は、破壊が、その領域で最も貧しく、半分が子どもであるパレスチナ人113人に影響すると立証した。
 村への全体的損害見積りは、少なくとも111,270シェケル (2万9000ドル)で、Oxfamにより提供された水槽と潅漑用パイプへの損害を含む。
(略)

全文:Occupation Magazine

 Oxfamは凛々しい。ニッポン政府の資金援助(つまりわたしたちの支払った税金)で改修された道路をイスラエル軍が破壊しても、ニッポン政府はイスラエル政府に賠償を求めないのだから。つまり、イスラエル軍に破壊されることははなからわかっている、ということらしい。つまり、資金援助はある種、ポーズなのだ。


posted by mizya at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。