2010年07月30日

村民が倒壊されたベドゥイン村を再建

2010年07月28日水曜日
Providence Knolls and Tania Kepler
Alternative Information Center (AIC)


イスラエル当局が、ベドゥイン村アル-アラキブを倒壊した1日後、村を再建するため、村の住民に、パレスチナ、イスラエル、国際ヴォランティアが加わった。

village.jpg

「わたしたちは、破壊された構造物とテントのすべてを首尾よく再建した」と、アル-アラキブ村の報道官でアル-アラキブ民衆委員会とネゲヴのアラブ教育フォーラムのメンバー、Awad Abu Freih博士は言及した。AICとの談話で、Abu Freih博士は、アル-アラキブの住民が「将来の破壊を防ぐ試みで、破壊されたもの以上の建設を計画する」と述べた。

 イスラエル警察が彼らの家屋と財産を破壊するのを眺めながら、多くは子どもたちの、300人以上のベドゥインが、火曜日の朝 (7月27日)、彼らの村から強制的に排除された。襲撃は午前4時30分頃始まり、そして住民は、騎馬警官隊・ヘリコプター・ブルドーザ同様、何百人もの特別暴動鎮圧警察を含む、銃・スタン弾・ヘルメット・盾で武装した1,500人の警察官の巨大な一軍に囲まれて目覚めた。

 イスラエルにより認知されていないにも拘らず、アル-アラキブ村は、1948年のイスラエル建国以前から存在していた。ベドゥイン住民は、1951年に、新たに宣言されたイスラエル国家により追い立てられたが、彼らが住み、耕作する土地に戻った。土地の所有権は現在、ベールシェヴァ地方裁判所で訴訟の対象となっている。

(略)

全文:The Alternative Information Center

アーカイヴ:イスラエルのネゲヴでの民族浄化(07月29日)


posted by mizya at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック