2010年07月31日

パレスチナ囚人は飢えに苦しむ

2010年07月28日
Omar Ghraieb

ガザ、7月26日、 (Pal Telegraph) イスラエル占領の刑務所にいる多くの囚人たちは、彼らに提供される食物が、不十分な処理、不潔、あまりの少なさ、粗悪で、食べるのに適していないか、人間の使用あるいは消費のためもものでないと語った。

 囚人調査センターは、今日、報道に発表された声明で述べた:「訪問を通して刑務所へのいかなる種類の食物の導入も妨げ、売店を通して何かしら買うことも妨げ、そして囚人たちの口座番号に蓄えの不正な入力で(?:原文参照)、ことさらガザ回廊の囚人たちは、囚人たちのために十分でない食物の問題で、また彼らの健康一般に影響する現実の危機を引き起こしてきた」。
(略)

全文:Intifada

 それほど刑務所の経費を削減したいなら、初めから逮捕などしなければいい。どうせイスラエル兵らが、午前2時か3時頃の夜襲で、ベッドで睡眠中の人びとを拉致してきたに違いないのだから。あるいは粗悪な食事で栄養失調と他の病を誘発させ殺す(イスラエル刑務所は病気を被った囚人の医療ネグレクトでも名高い)死刑の一種? 一家の主を奪うなら残された家族もなりわいを失い死んでくれるだろう...


posted by mizya at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。