2010年08月01日

国連権利団体がイスラエルにガザ封鎖を終わらせるよう告げる

ジュネーヴ
2010年07月30日金曜日

(ロイター) - イスラエルは、ガザ回廊に対する軍事封鎖を解除し、独立の実態調査団に、ガザ行き支援小艦隊への襲撃を調査させなければならないと、金曜日、国連権利団体は語った。

 国連人権専門委員会はまた、イスラエルに、被占領地パレスチナ人が、イスラエルも支持を誓約した主要な国際人権条約である、基本的な市民的・政治的自由を持つことを確実にするよう告げた。
(略:イスラエルの言い分の羅列が長くてとても翻訳を続ける気にならない:ロイターだから)

全文:Reuters

 全文にアクセスすると掲載写真はガザの子どもたちの凧揚げ、「日本語で読む中東メディア」では「紙飛行機」飛ばし、とあったから、アラビア語では「凧」と「紙飛行機」は同じことばなのかもしれない。同時の凧揚げ人数のギネス記録はガザの子どもたちが持っている筈だから(確か去年)、今年も自分たちの記録への挑戦ということなのだ。

おまけ:「ガザの子どもたちが凧上げ世界記録更新」(写真6枚)Haaretz.com
7,202人の子どもたちが、国連サマー・キャンプの一部として、ギネスブック掲載のため、人数と同じ数の凧をあげる。

アーカイヴ:イスラエルが国連に:西岸は「我々の境界外」(07月21日)


posted by mizya at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。