2010年08月09日

人権連合が国連小艦隊調査に「懸念」

2010年08月08日

ベツレヘム (Ma'an) -- 国際人権連合は、ガザ行き支援船隊へのイスラエルの襲撃の調査を委任された国連委員会に指名されたメンバー構成に「懸念する」と語る。

 連合は、委員会が、委員団の構成故、イスラエル軍がトルコ市民9人を殺害した5月31日の襲撃を、国際基準に従い透明性を遵奉した調査はできないと考えると語った。
 そうすることを怠ることは、「刑罰免除の文化に貢献する」危険を冒す可能性があると公開書簡に読める。
 連合は、「委員団の非常に政治的構成」が、集団の基本的懸念と語り、前コロンビア大統領、アルヴァロ・ウリベの副議長としての指名がその信憑性を損ない、「国連に現存する信用に悪影響を及ぼし得、犠牲者に対する無礼とも見える」と付け加えた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「小艦隊調査へのウリベの指名が失敗を保証する」The Electronic Intifada
José Antonio Gutiérrez and David Landy
2010年08月06日

アーカイヴ:イスラエルが国際委員会に市民への査問を許すつもりはないと語る(08月06日)

 国連人権理事会による調査潰しに、米国の要請を受けたバン・キムンが加わった? 国連の信用というのは、ニューヨーク本部ではなく、人権理事会があるジュネーヴ本部が保ってきたに違いない。何しろニューヨークは米国だから...


posted by mizya at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。