2010年08月10日

パレスチナ人に対する新イスラエル追放政策

2010年08月07日土曜日
オマル

エルサレム、8月7日、(Pal Telegraph) エルサレム人権センターにより言及されるように、イスラエル当局は、最近の、被占領西岸のIDを所有するエルサレムのパレスチナ市民追放を開始した。

 エルサレム社会的経済的権利センターにより発表された報告は、イスラエル内務省が、西岸IDを携え、1967年前(イスラエルによる占領以前 - mizya)からエルサレムに住んでいるパレスチナ市民に対し、既に追放政策を実施し始めたと報じた。

(略)

全文:The Palestine Telegraph


posted by mizya at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。