2010年08月11日

ギャロウェイが「二重基準」で西側を酷評

2010年08月09日

テヘラン:イギリス下院議員で反戦活動家、ジョージ・ギャロウェイは、核拡散防止条約 (NPT) の加盟国として、イランの平和的核エネルギーの権利を支持した。

「民間原子力のイランの権利を支持することは、わたしたちの義務である」と、ギャロウェイは、テヘランでのイラン追放者会議で語った。「国々が二重基準に基づいて扱われるべきでないので、イランに対する西側の振る舞いは奇妙だ」と、彼は会議で語った。

 ギャロウェイは、イスラエルがNPTに加盟せず、何百ものミサイル(核弾頭 - mizya)を保有する一方、イランは国際的規則に忠実だったと語った。多くの国際法違反にもかかわらず、イスラエルは制裁を受けることがないと彼は語った。彼は、イランに対する国連安全保障理事会の制裁を「不当で不合理」と名指した。

「イスラエルは、国連決議のほとんどに違反し、それらに従うことも核拡散防止条約に連なることも拒絶してきた」と、彼は語った。

「いかなる核兵器も所有せず、そうした兵器を求めてもおらず、また、国際原子力機関 (IAEA) が、イランが核兵器を追求している証拠はないと確認しているのに、イランは、経済制裁されている」。

 ギャロウェイは、米国大統領、バラク・オバマの、イスラーム世界とのより多くの約束に関する、昨年のカイロでのスピーチに言及し、「彼の言葉は、実際問題として実施されることはなかった、彼の所見は美しかったけれど、実際には、実現しなかった」と語った。

 ギャロウェイはまた、5月17日のテヘラン協定につながった、トルコとブラジルが、核問題でイランとの会談に入るよう要請したことで、翌日その文書に敵対して、国連安全保障理事会で反-イラン制裁措置決議を要求した米国の「偽善」を叱責した。
(略)

全文:The Gulf Today


posted by mizya at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。