2010年08月12日

破壊、破壊、破壊

Palestine Monitor
2010年08月10日

パレスチナ人2人とイスラエル人1人が、月曜日午後、ナカブ-ネゲヴのアル-アラキブ村で繰り返された破壊に対し、行われた抗議行動で逮捕された。夜の間、イスラエル当局は、この2週間で3度目、アル-アラキブ村を破壊した。ニッキー・エリオットが破壊を目撃した。


ISMPalestine

 弁護士と活動家たちは、現在、ナカブ (ネゲヴ) 北部のパレスチナ村の破壊状況に反対する抗議行動で逮捕された男たち3人の釈放を交渉している。Um Il Fahimのムハマド・マハジュナとムハマド・マサルナはどちらもベングリオン大学の学生で;エヤル・ニールはベールシェバにある大学の教師だ。

200人の強固なデモンストレーションは、月曜日の夕方5時、アル-アラキブの土地に近いラハヴィム・ジャンクションで行われた。村住民とDukium (共存のネゲヴ・フォーラム) 、そして、多くのアラブ市民とユダヤ市民同様、イスラーム運動、ハダシュ、草の根組織、バダルを含むさまざまな政治的党派の参加を得て組織されたデモンストレーションは、この地域で何週間も開催された2番目(おそらく規模が)である。DukiumのMumtaz Khateebによると、「デモンストレーションは毎週続くだろう。これは成功で、わたしたちは、より多くの人びとが、ネゲヴや他のアラブコミュニティから、同様に政府の政策を受け入れない民主的ユダヤの人びとが、デモンストレーションに来ることを願っている」

(略)

全文:Palestine Monitor

アーカイヴ:アル・アラキブ村三度目の破壊で不断の苦しみ(08月05日)


posted by mizya at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。