2010年08月15日

イスラエル軍がイスラーム墓地の墓200を冒涜;ブルドーザでシェイフ負傷

2010年08月12日木曜日
Saed Bannoura - IMEMC News

イスラエル政府が、何百もの墓の冒涜を継続する中、火曜日、イスラーム墓地を破壊するイスラエルのブルドーザの前に立ちはだかろうと試みたエルサレムのシェイフは、負傷した。これは、墓1500基が、ロサンゼルスのサイモン・ウィゼンタール・センターによる資金提供の「寛容博物館」に道を開くため押し潰された2009年以来、イスラエル軍による最大の墓地冒涜を記す。

460_0___10000000_0_0_0_0_0_mamillacemeteryinjerusalem.jpg
Ma'man Allah墓地:photo from wordpress

 現在の破壊現場は、いわゆる「寛容博物館」の建設現場近くで行われているが、イスラエル当局は、2つのプロジェクトは関係ないと語る。

 問題の墓地は、何百年もの間、エルサレムのイスラーム寄金(ワクフ)により維持されたが、1967年、イスラエルがエルサレムの支配を奪って以来、イスラーム寄金は、イスラエル当局によりその構内へのアクセスを拒絶されてきており、墓地は荒れた。

 Ma'man Allah墓地に埋葬されたものたちの家族は、何年にもわたり、彼らが墓石や墓地の修復を試みると、その修復がイスラエル当局により破壊され取り除かれた、このようにして、現地の荒廃継続は維持されると語る。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:イスラエルは古いムスリム墓石を「不法に建てられた」と語る(08月08日)


posted by mizya at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。