2010年08月16日

ポータブル教室23棟が西岸のユダヤ人町に建造

2010年08月15日

 政府は、日曜日、8つの西岸ユダヤ人社会(つまり入植地 - mizya)の生徒600人の教室として使われるポータブル構造物23棟の建設を決定した。
 国防相、エフード・バラクが、次の学年において、代替施設計画に責任があると決定された。 (Roni Sofer)

原文:Ynet news.com

 西岸は、国際社会がイスラエルに撤退を求める占領地、その占領地のユダヤ人社会もユダヤ人町も、つまりは入植地。まあ、イスラエルのニュース媒体だから多くは求めまい。この教室建設の責任が、教育相でなく、国防相にある、というところがみそ。


posted by mizya at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。