2010年08月16日

Unifilがレバノンで「不評」

2010年08月14日土曜日


AlJazeeraEnglish

 レバノンでのイスラエルの戦争を終わらせた国連仲介の休戦から4年が経った。
 レバノン国連暫定軍 (Unifil) は、治安維持のため国境を監視する。
 しかし地元住民たちの、外国人兵士たちとの気詰まりは増大している。

 アルジャジーラのルーラ・アミンが報告する。

原文:AlJazeera.net

 地元住民からイスラエルのためにスパイ活動をしているのではないかと疑われるような行動をしてしまってはもはや「平和維持軍」とはいえない。国連は加盟国それぞれの利害のぶつかるところ、「平和維持軍」参加国も、国連の名で活動しているものの、どこかの国の兵士たちだ。


posted by mizya at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。