2010年08月19日

2万5000人のユダヤ人がイランに住む

Mike Whitney

2010年8月17日 "Information Clearing House" -- 2万5000人のユダヤ人がイランに住む。それはイスラエルを除けば、中東最大のユダヤ人人口だ。イランのユダヤ人は、国家により迫害もされず、虐待もされず、実際、イラン憲法で護られている。彼らは、宗教を実践するのも自由であり、選挙で投票するのも自由だ。彼らは検問所で止められることも、捜索されることもなく、占領軍により残忍な仕打ちを受けることもなく、生存の基本的手段が奪われる、人口密度が高い流刑植民地 (ガザ) に集められることもない。イランユダヤ人は、尊厳の中に生き、市民権の利益に恵まれている。

 イラン大統領、マフムード・アフマディネジャドは、西側メディアで悪霊として描かれる。彼は反ユダヤ主義で「新ヒットラー」と名指される。しかし、それらの主張が真実なら、何故、最近の大統領選で、イランユダヤ人の大多数がアフマディネジャドに投票したのか? アフマディネジャドについてわたしたちが知っている殆どが、単に根拠のない噂とプロパガンダということだろうか? この抜粋はBBCの記事に現れた:

「(アフマディネジャドの) 事務所は最近、テヘランユダヤ病院に献金した。それは世界中で僅か4つのユダヤ慈善病院のひとつであり、ユダヤ人ディアスポラからの金で資金供給される - 地元の支援組織さえ、外国のスパイと非難される恐れのため外国からの資金提供を受ける困難をかこつイランで注目すべき何かだ」。

 いつかヒットラーが、ユダヤ病院に献金したことがあったろうか? ヒットラー類推は、アメリカ人を洗脳する破れかぶれの試みだ。それはアフマディネジャドが実際どんなふうかをわたしたちに告げない。

 アフマディネジャドに関する偽りは、サダム・フセイン、あるいはウゴ・チャベスに関する偽りと違わない。米国とイスラエルは、もうひとつの戦争の正当化を創出しようとしている。それが、メディアが、アフマディネジャドが実際言わなかったことを言ったと信じる所以である。(略)

全文:Information Clearing House


posted by mizya at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。