2010年08月21日

報告:イスラエル兵士がハリリ殺害に関する情報提供

2010年08月19日

ベイルート (Ma'an) -- 元イスラエル陸軍士官が、レバノン政府に、ラフィーク・ハリリ元首相暗殺に関する情報を提供したと、ベイルート拠点のアル-ディヤル日刊紙が、水曜日、報じた。

 イスラエルのニュースサイト、Ynetにより引用された報告は、氏名の特定されない元兵士が、ハリリがベイルートで殺された2005年の車爆破の情報を持っていると主張してプラハのレバノン大使館に現れたと述べた。

 伝えられるところによれば、ドゥルーズの男はまた、レバノンへの亡命を求めたが、大使館は、立ち去るよう求めた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 ハリリ暗殺当時、世界中がシリアを名指して批判した。シリア批判の急先鋒がイスラエルと米国だった。シリアはレバノンに展開していたシリア軍を撤退させたものだったが、あの大騒ぎは空騒ぎだったのか。暗殺当時から、イスラエルを疑う論調はあったけれど、というのも、ハリリを暗殺してもシリアは何も得るものがなかったからだが、しかしそうした論調はいつものごとく、米国の「ばかでかい」声にかき消されてしまう...


posted by mizya at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。