2010年08月28日

Yediotがボイコット標的で起こる入植地産業損害を報じる

2010年08月26日
Didi Remez

経済の政治学:イスラエルへのボイコット拡大
Daniel Bettini, Navit Zumer and Ofer Petersburg、Yediot
2010年08月25日

 ノルウェーオイル基金により、月曜日なされた、(被占領)領域での不法な建設に拘るとの理由での、Africa IsraelとDanya Cebusから資本を引き上げる決定は、ヨーロッパの政府や民間企業による、政治的理由でイスラエル企業をボイコットする長い一連の決定の単に最新のものである。

 多くの場合、議論は、グリーン・ラインを越えて、したがって「被占領地」で製造された製品にあった。時にこれは、例えば、小艦隊事件への応答で、パレスチナ人に向けたイスラエルの政策に対する政治的抗議を示す。ひとつは疑いない:最近の数カ月、政治的理由によるイスラエル銘柄のボイコットは増大してきた。

「パレスチナが(被占領)領域製品のボイコットを発表して以来、この数カ月で、わたしは生産の40%落ち込みを抱えた」と、アリエルのガラス工場、Plastcoオーナー、Avi Ben-Zviは昨日語った、「ヨーロッパへの輸出は完全に止まり、(被占領)領域の商人たちは我々との仕事を中止した。損害は甚大だ」。

 アリエル市長、Ron Nahmanは、これが(被占領)領域の工場に甚大な損害をもたらしていたと語った:「ボイコットする諸国に向かうため、大規模な政治的措置が取られるべきで、彼らが和平プロセスのパートナーたりえないと脅すべき」。

 月曜日のノルウェーの決定は、分離フェンス建設の部分を担うイスラエル企業、Elbit Systemsをボイコットする、2010年3月の、大きなスウェーデン年金基金の決定に続いた。基金は、国際協定違反に拘る企業の株に投資しないとの、基金倫理委員会の勧告に続き、Elbitの持ち株を販売したと発表した。

 Elbitはまた、事前にボイコットを被っていた:ノルウェー政府年金基金は、去年9月、フェンス建設の部分を担うため、Elbitへの投資を停止すると発表した。去年5月の終わりに、ドイツ銀行は、どうやら反-イスラエルや親-パレスチナ組織代表たちによる銀行管理に加えられた重い圧力の後、Elbitの株すべてを販売したと発表した。

 2年前、イスラエルのMulti-Lockオーナー、スウェーデンの巨人、Assa Abloyは、グリーン・ラインを越えたBarkan工業地帯で工場を運営していたことを謝った。会社は、スウェーデン人権組織からの圧力に続き、「イスラエル内」に工場を移転させると約束した。

 イスラエル製造業者協会会長、Shraga Broshは昨日、「時々、主にスカンジナビアの様々な団体が、イスラエルの企業他をボイコットする。結局これらは、イスラエルの商取引全体に影響しない、ピンポイントの出来事だ」と語った。

 Soda Clubもまた、ボイコットで被害を受けた:親-パレスチナ集団による圧力を受けた後、パリ自治体は、イスラエル企業が水道水使用促進の大きな見本市に参加することを拒むよう余儀なくされた。

(略:翻訳に飽きちゃって)

全文:Coteret

 記事は、イスラエルのヘブライ語紙、Yediot掲載記事を英語に翻訳してCoteretに掲載されたもの。イスラエルでは被占領ヨルダン川西岸を「領域」と呼んでいるらしい。曖昧でこころ痛まない呼び方を採用してのことだろう。イスラエル人ならぬわたしたちが読むには曖昧すぎると思い「(被占領)」を「領域」の前に挿入した。


posted by mizya at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。