2010年08月28日

イスラエル舞台俳優が西岸の新文化センターでの公演を拒絶

2010年08月26日

指導的入植者が、Yousef SweidとRami Heubergerによる拒絶に「イスラエルはそのようなボイコットよりずっと強い」と言うことで応じる。
Chaim Levinson

 主要なイスラエル演劇界が、アリエルの新劇場で公演するため、初めてグリーン・ラインを渡って旅するだろうとの、Haaretzの水曜日の報道は、いくつかの論争的反応を引き起こした:国立劇場、Habimaの俳優ふたり、Yousef SweidとRami Heubergerは、彼らがアリエルでのいかなる舞台にも出演しないだろうと既に発表していた。

2145240902.jpg
西岸都市アリエル
Photo by: Tal Cohen

 現在、Habimaで『ダマスカスへの鉄道』に出演しているSweidは、昨日のChannel 1テレビのトークショーで「わたしが多くの共同体に送りたいと思うメッセージを持ついくつかのショーを入植地で演じることは喜ばしいだろう。しかし、入植者と入植地は、わたしを受け入れるものでないし、わたしももてなしたくない」と語った。

演劇はない

 現在アリエルで公演すると予定されている中に、Heubergerが扮する演劇はないが、彼は「尋ねられれば、わたしは、そこでの公演は問題があると考える。舞台俳優として、それは非常に問題ある論点で、入植地が(パレスチナとの)いかなる交渉でも議論される論争中の問題である限り、わたしはそこにいるべきでないと思う」と語った。

 指導的入植者でグシュ・エツィオン地域議会議長のShaul Goldsteinは「我々は彼らを必要としない。イスラエル国民はそのようなボイコットよりずっと強い」と言い返した。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。