2010年08月29日

ハイファ大学の学生たちが左派教官に反対する結集を準備

2010年08月25日水曜日

ハイファ (Ma'an/Agencies) -- 伝えられるところによれば、ハイファ大学の学生たちが「親-パレスチナ」教授のリストを準備し、グループ活動家らは授業や講演を標的にするボイコットキャンペーンを準備していた。

 イスラエルのヘブライ語日刊紙、Ma'arivは、キャンペーンが「イスラエル軍とイスラエル政府に反対するデモンストレーションに参加する」と学生らが語る、あるいは、それらへの反対を公的に表明する、社会学部と政治学部の講師20人を標的に、火曜日に始まったと述べた。

「我々は、これら講師のコースを選ぶつもりはないし、彼らの講演に出席するつもりもない。我々の友人たちが戦っている、あるいは、平和の船と自ら呼ぶ船の活動家たちから打撃を受けているその時、講師たちは立ち上がり、デモをし、表明する、これら兵士たちに対して」と語った学生が引用された。

「ここで起こっていることはファシズムだ」と別の学生は、新聞に語った、「これは、異なる考えの人びとを黙らせる胸が悪くなるような企ての始まりだ。講師たちが、歴史的正義を為そうとの試みで声明を出すなら、称賛に値する」。

 大学は、新聞に「ハイファ大学は、アカデミックなボイコットを行ういかなる試みも、学問の自由を害する試みも、深刻とみなす」と述べる声明を発表した。

原文:Ma'an News Agency

 コイズミが次期自民党党首に指名して首相になった安倍みたいなのが、イスラエルの文部大臣だからかしら...

アーカイヴ:イスラエルのマッカーシズム2題(08月19日)


ラベル:ハイファ大学
posted by mizya at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。