2010年08月30日

「入植地文化センターへの俳優のボイコットはイスラエルを分裂させるだろう」

2010年08月28日

文化・スポーツ大臣は、アリエルの新劇場での上演参加を拒否する俳優・アーティスト36人を非難する。
Chaim Levinson

 文化・スポーツ大臣、Limor Livnatは、アリエル入植地に建設された文化センターでの公演を拒否すると宣言した舞台俳優とスタッフ36人による土曜日の声明に、土曜日、厳しく応答した。

「俳優とアーティストが、イスラエル社会分断を決めたからには、舞台演出家は、即刻この危機の処理に入るべき」と、Livnatは語った。

(略)

全文:Haaretz.com

 イスラエル政府が、分断されるような政策を続けてきた結果。イスラエルの政策に社会が一致していたらその方が恐ろしい。

関連記事:「イスラエルの俳優が入植地での公演を拒否」Tikun Olam

 イスラエルの主導的劇団が、イスラエル入植地に初めて出演すると発表した後、イスラエル人俳優、ディレクター、プロデューサー40人は、公演を拒否する声明に署名した。その後援者らにより「サマリアの首都」として知られるアリエルの良き市民たちのため、彼らは、宝物の世界的正典のいくつか(ブレヒトの『コーカサスの白墨の輪』を含む)を公演して、芸術のための新センター委員会に誉を与えることになっていた。

アーティストたちは声明で述べた:
「わたしたちは、アリエルの新ホールに出演する劇団経営の意図に関し、侮蔑を表明する。わたしたちは、アリエルといかなる他の入植地での出演も拒否するつもりである。わたしたちは、経営者側が、その演劇公演活動をイスラエル国の主権を有する境界内に制限するよう要求する」。
(略)

アーカイヴ:イスラエル舞台俳優が西岸の新文化センターでの公演を拒絶(08月28日)


posted by mizya at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。