2010年09月05日

ロバート・フィスク:ブレアはイラクに対する責任を取るべきだが、彼はそのつもりがなく、できない

これは論争でなく、前首相が責任を負うべきむごたらしい血みどろの災害である
2010年09月03日金曜日

Pg-14-Blair-comment_444957t.jpg
GETTY IMAGES
トニー・ブレアは今週、和平特使の役割で中東会談のためワシントンにいた

 この見下げ果てた男は何も学ばなかったのか? 絶え間なく、BBCのインタヴュの間続いた:「わたしは絶対に...」「わたしは確実に...」「わたしは完全に明確に信じていた...」「これがすべてを変えたのは、非常に非常に明確だった」 - 「これ」は2001年9月11日のこと - 「私に明確に明白に明言させてくれ」「情報写真は明確だった...」「法的正当化はかなり明確だった」「われわれは完全に正確に語った...」「当時も今も、わたしが強く信じていたので...」「ついに、わたしの決定的視点は...」。あなたは、我々がイラクの戦争に勝ち、我々がアフガニスタンの戦争に勝ちつつあり、我々がイランの次なる戦争に勝つだろうと思っただろう。そして「クッテル-アマラのブレア卿」がそう仰せならなぜ違おう。

 そして、わたしはこれにより、1915年、メソポタミアでのイギリスの屈辱的な軍事的敗北の不幸と関連し「クッテル-アマラのブレア卿」の更なる引用すべてを捨てる。彼は、「イスファハーンのブレア卿」に再創造されなければならない。サダムを攻略したので、彼はアフマディネジャドも後略したがっている。「わたしは、イランに核兵器能力があることが、完全に容認できないと言っている」と、彼は、哀れな年長のアンドリュー・マーに語った。(略)

 時々、ブレアはイスラエル外務大臣、アヴィグドール・リーバーマンのように聞こえた。(略)

全文:The Independent


posted by mizya at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。