2010年09月08日

ZAKA本部が東エルサレムに認可される

ワシントンで和平会談がまさに始まろうとしている時、エルサレム自治体テロ犠牲者記念協議会は、東エルサレムのシェイフ・ジャッラ地区公有地に、地面に事実を確立するボランティア救助隊本部を認可する

Ronen Medzini
2010年09月01日

(略)Ynetは、水曜日、テロ犠牲者記念地方自治協議会が、ボランティア救済組織、ZAKAのため、シェイフ・ジャッラ地区に新本部建設を認可したと知った。
 計画された本部は、何千もの死体を冷凍保存する施設と、テロ犠牲者を記念する博物館を含むだろう。

(略)

全文:Ynet news.com

 イスラエル内に建設するならパトロンは現れない、「何千もの死体を冷凍保存する施設」にどれだけの金額が費やされるのか知らないが、東エルサレム、占領地を強奪する目論みに賛同するパトロンは多くいる、ということだろう。
 そのような記事を「おまけ」で。

おまけ:「我々は決定的に分裂している」Haaretz.com
2010年09月03日
メディアにあふれた右翼のひとりよがりは、明確な事実:アリエルがイスラエル共同体ではなく入植地だ、ということをぼかすのに成功しなかった。
Yitzhak Laor

(略)アリエルが入植地でなければ、パトロンたちは、入植者1万8000人のための文化センター建設に、4000万シェケル(ほぼ9億円)を見つけてやったりしなかったろう。イスラエル国の境界内の、同様の大きさかもっと大きなコミュニティでさえ、豪華な劇場建設のため、そのような金額を見いだしたろうか?


posted by mizya at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。