2010年09月14日

ピース・ナウ:入植地住宅2,066棟が凍結終了次第建設される

2010年09月12日

最新報告が、9月26日の凍結期限後、全体で1万3000棟の以前に認可された西岸戸建て住宅、建設用地が建設されると示す。
Chaim Levinson and Haaretz Service

 新住宅2,066棟が、入植地建設一時停止が、今月遅く解除されると即刻、西岸で継続される建設の準備はできていると、日曜日、イスラエル左翼NGO、ピース・ナウによる報告は述べ、同様に他の潜在的1万1000棟の住宅に関する作業も、仮定としては開始され得ると付け加えた。

551742267.jpg
入植凍結を無視する、ヘブロン近くのべイト・ハガイ西岸入植地での建設、2010年9月2日
Photo by: Reuters

(略)

全文:Haaretz.com

関連記事:「西岸戸建て住宅1万3000棟の建設準備」The Jerusalem Post
OR SCHWARTZ
2010年09月12日

ピース・ナウ:西岸戸建て住宅2,000棟は基礎が据えられ、凍結解除次第、建設される準備が整う;1万1000棟は、更なる政府承認なしで建設の準備整う。


ラベル:ピース・ナウ
posted by mizya at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック