2010年09月16日

入植者が他のイスラエル人より22%多く交付金を受けると調査は示す

2010年09月14日

内務省は、2009年、西岸入植地に、この年配分された交付金総額の10パーセント以上となる埋め合わせ交付金、2億6500万シェケルを割り当てた。
Chaim Levinson

 西岸のイスラエル入植地すべてが、比較的富裕な入植地を含み、そうした交付金は主に、それほど富裕でない共同体援助ためであるにも拘らず、予算埋め合わせを援助する内務省からの「埋め合わせ交付金」を受ける権利を与えらる。

(略)

全文:Haaretz.com

 強奪した土地に建設される入植地に住居を得るのは、イスラエル内(こちらも強奪した土地に違いはないけれど)に住居を求めるより安い、なにしろ土地が「ただ」なのだから。入植者たちは周囲のパレスチナの土地を奪いながら入植地を拡張していく。だから「埋め合わせ交付金」というより「入植地拡張奨励金」と呼ぶ方が正確かもしれない。


posted by mizya at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック